トップへ » 当院の治療メニュー » 入れ歯治療

【入れ歯】入れ歯が合わなくてお困りの方へ

入れ歯治療

入れ歯を使用している方で、下記のような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

「噛み合わせがズレていて気持ち悪い」
「装着すると痛くて食べられない」
「入れ歯だと他人に気づかれたくない」

当院では、しっかり噛める入れ歯だけでなく、金属のバネを使用しない「スマートデンチャー」など、見た目も美しい入れ歯も用意しています。ご要望・ご予算に合わせて、患者さまに合う入れ歯をお作りすることができます。

「不具合」「不快感」を放置すると、全身に悪い影響を及ぼします

入れ歯治療入れ歯は自分の歯とは違うので、多少は違和感があるものです。総入れ歯となると、自分の歯のときに比べて噛む力がかなり弱くなり、特に、固いものなどを食べる時などにはストレスを感じることが多いものです。

しかし、入れ歯を作ってから年月が立ち、入れ歯自体に不具合が生じている場合や、体が痩せたり太ったりしたことなどによって口腔内の状況が変わり、作った当初は小さかった違和感が、どんどん大きくなっていったり...という場合は要注意です。

噛み合わせが悪いまま使い続けると・・・
入れ歯の不具合を我慢し、噛み合わせが悪いまま使い続けると、顎関節症や頸椎・胸椎・腰椎等の脊柱に障害(椎間板変形による神経障害など)を及ぼすことも。食事を美味しく召し上がるためだけでなく、全身の健康のためにも、きちんと噛み合った入れ歯をお使いになることが大切です。

当院では、患者さまのご要望をじっくりと伺った上で、しっかり噛めて外れにくい入れ歯づくりを心がけていますので、入れ歯に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ、ご相談ください。

【当院のお勧め】見た目が自然な入れ歯「スマートデンチャー」

スマートデンチャースマートデンチャーは、目立ちやすい金属のバネを使用しない入れ歯なので、見た目が美しく自然。一見しただけでは、入れ歯と気付かれないほどです。さらに、優れた機能性や安全性をも供えたニュータイプです。ただし、スマートデンチャーは保険適用外なので、自費診療となります。

従来の入れ歯とスマートデンチャーの違い
・金属のバネが無いため、見た目が自然で、入れ歯と気付かれにくい
・安全性が高く、安心して使用出来る
・身体に優しく、無味・無臭
・吸水性がほとんど無いので、汚れ・臭いの発生が少ない
・装着時の違和感が少ない

※お口の状態によっては、スマートデンチャーが使用出来ない場合もありますので、まずは歯科医までご相談ください。

【当院のお勧め】オーバーデンチャー

オーバーデンチャーオーバーデンチャーとは、現存した歯やインプラントの上に入れ歯を製作していく方法。つまり、通常の入れ歯は、あごの内側の粘膜で支える作りですが、オーバーデンチャーは入れ歯でありながら、歯やインプラントで支える作りなのです。

この違いによって、粘膜だけで支える通常の入れ歯よりも支持性が上がり、「何でも良く噛める。噛む力が強くなる」というのが最大の利点。また、総入れ歯から部分入れ歯まで、適用範囲が広いことや、構造がシンプルなので長期的な使用に際して修理がしやすい点も、ご利用者が増えている理由です。

オーバーデンチャーのメリットとデメリット
<オーバーデンチャーのメリット>
・入れ歯を支える力が大きいので何でもよく噛める
・粘膜の負担や歯槽骨の吸収が抑えられ、長期に渡り入れ歯が安定する
・広い範囲に適用出来る
・構造がシンプルで修理しやすい
・取り外し出来るので残存歯の歯磨きがしやすい

<オーバーデンチャーのデメリット>
・噛む力が強くなるので人工歯が消耗しやすい
・粘膜の負担が軽減される反面、入れ歯を支える歯やインプラントに負担がかかる
・構造的には総入れ歯となる
・清掃の際は入れ歯を外す必要がある
・入れ歯の下になる現存歯やインプラントのケアが必要

その他の義歯

ノンスクラプデンチャーノンスクラプデンチャー
ノンクラスプデンチャーは金属のツメ(クラスプ)を使わないタイプなので、装着していても目立たないことが最大の特徴。また、ほどよい弾性と強度があるので装着感が少なく、壊れにくいといった利点もあります。ほかにも、材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的です。

<ノンクラスプデンチャーのメリット>
・装着しても目立たない
・違和感が少ない
・壊れにくい

<ノンクラスプデンチャーのデメリット>
・素材が長持ちしない

金属床義歯金属床義歯
歯ぐきに接触する床部分が金属で出来ています。プラスチックよりも薄く作れるので、食べたものの味や温度が違和感なく伝わり、食事の味を損ないません。ただし、金属製なので丈夫ではありますが、壊れたときには修理しにくいというデメリットがあります。

保険義歯保険義歯
保険適用内で提供する入れ歯(義歯)です。初めて入れ歯をお作りする方の場合は、「とにかく入れ歯というものを使ってみること」「入れ歯に慣れること」が必要となるので、まずはこちらで試してみることをお勧めしています。


トップへ » 当院の治療メニュー » 入れ歯治療


PAGE TOP